[BACK]Return to MGLAPI.doc CVS log [TXT][DIR] Up to [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2

Please note that diffs are not public domain; they are subject to the copyright notices on the relevant files.

Diff for /othersrc/mgl/mgl2/MGLAPI.doc between version 1.8 and 1.9

version 1.8, 2000/11/13 13:36:00 version 1.9, 2000/11/14 10:55:57
Line 441  ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 i
Line 441  ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 i
   
 キーマップのための関数群。( 対応済は、netbsd+emcons のみ)  キーマップのための関数群。( 対応済は、netbsd+emcons のみ)
   
 void mgl_get_keymap(int code, char *sym1, char *sym2);  void mgl_get_keymap(int code, char *sym1, char *sym2, char *sym3);
   
 mgl_get_keymap は、RAW_CODE(code) がどのように 変換されるかを返します。  mgl_get_keymap は、RAW_CODE(code) がどのように 変換されるかを返します。
 sym1 に 通常の 変換シンボル (文字列)  sym1 に 通常の 変換シンボル (文字列)
 sym2 に シフトされたときの 変換シンボル (文字列)  sym2 に シフトされたときの 変換シンボル (文字列)
   sym3 に ALT が押されたときの 変換シンボル (文字列)
   
 が返ります。シンボルの実際のコードが何かを調べるためには、mgl_get_keysym()  が返ります。シンボルの実際のコードが何かを調べるためには、mgl_get_keysym()
 を使います。  を使います。
Line 465  MK_VX を指定することを推奨 )
Line 466  MK_VX を指定することを推奨 )
   KP_delete KP_insert KP_home KP_end KP_up KP_down KP_left KP_right    KP_delete KP_insert KP_home KP_end KP_up KP_down KP_left KP_right
   KP_pageup KP_pagedown KP_begin KP_return KP_execute    KP_pageup KP_pagedown KP_begin KP_return KP_execute
   break pause print hanzen kanji nuhenkan numlock scrlock select    break pause print hanzen kanji nuhenkan numlock scrlock select
 です。  (等)です。
   
 int mgl_set_keymap(int key,char *sym1,char *sym2);  int mgl_set_keymap(int key,char *sym1,char *sym2, char *sym3);
   
 シンボルを使って keymap を設定します。  シンボルを使って keymap を設定します。
 ただし、定義されていない シンボルを指定することはできません。  ただし、定義されていない シンボルを指定することはできません。

Legend:
Removed from v.1.8  
changed lines
  Added in v.1.9

CVSweb <webmaster@jp.NetBSD.org>