[BACK]Return to MGLAPI.doc CVS log [TXT][DIR] Up to [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2

Please note that diffs are not public domain; they are subject to the copyright notices on the relevant files.

Diff for /othersrc/mgl/mgl2/MGLAPI.doc between version 1.5 and 1.6

version 1.5, 2000/09/09 03:39:35 version 1.6, 2000/09/09 03:42:01
Line 388  mode に MGL_SK_TRANSLATED
Line 388  mode に MGL_SK_TRANSLATED
   
 を指定します。  を指定します。
   
 また、MGL_SK_TRANSLATED_WITH_MODIFIER を指定すると、  また、MGL_SK_EXTRANSLATED を指定すると、
 ASCII コード に モデファイヤー情報を付加した値が得られます。  ASCII コード に モデファイヤー情報を付加した値が得られます。
   
 得られるモデファイヤーは、  得られるモデファイヤーは、
           MGL_SKM_CAPS
         MGL_SKM_SHIFT          MGL_SKM_SHIFT
         MGL_SKM_CTRL          MGL_SKM_CTRL
         MGL_SKM_ALT          MGL_SKM_ALT
 です。ただし、この機能はいまのところ X 版のみサポートしています。  です。
   
 また、モデファイヤーを取り除くには、  また、モデファイヤーを取り除くには、
   
 MGL_SKM_MASK で 論理積を取ってください。  ~MGL_SKM_MASK で & を取ってください。
   
 例:  例:
         c = get_key(-1);          c = get_key(-1);
         val = c & MGL_SKM_MASK;          val = c & ~MGL_SKM_MASK;
         shift = c & MGL_SKM_SHIFT;          shift = c & MGL_SKM_SHIFT;
   
   注意) モデファイヤーを単独で押し/離した 場合
           モディファイヤー情報 | MGL_SKM_NOTICE
         が得られます。MGL_SKM_NOTICE が立っている場合は、キーコードは
         意味を持ちません。
   
   
 ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 im) とのインターフェイス  ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 im) とのインターフェイス
 単純に get_key_im を呼ぶだけで、変換ウインドウが適当に出ますが  単純に get_key_im を呼ぶだけで、変換ウインドウが適当に出ますが
 場所を多少コントロールできるようになりました。  場所を多少コントロールできるようになりました。
Line 495  void mgl2_draw_string(struct screen *s,i
Line 502  void mgl2_draw_string(struct screen *s,i
         2. virtual_key  多分 API が少し変わります。          2. virtual_key  多分 API が少し変わります。
   
 ---- ここでおしまい。  ---- ここでおしまい。
   
   
   
   
   
   

Legend:
Removed from v.1.5  
changed lines
  Added in v.1.6

CVSweb <webmaster@jp.NetBSD.org>