[BACK]Return to MGLAPI.doc CVS log [TXT][DIR] Up to [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2

Please note that diffs are not public domain; they are subject to the copyright notices on the relevant files.

Diff for /othersrc/mgl/mgl2/MGLAPI.doc between version 1.6 and 1.13

version 1.6, 2000/09/09 03:42:01 version 1.13, 2001/03/13 13:26:09
Line 16  int open_graph(void)
Line 16  int open_graph(void)
         SCREEN_HEIGHT=ysize          SCREEN_HEIGHT=ysize
   
                 希望する画面サイズの指定。                  希望する画面サイズの指定。
         mgl_apli_type = AT_MAIN or AT_MINIAPLI          mgl_apli_type = AT_MAIN or AT_MINIAPLI ( | AT_OPT_LOCK )
   
                 MGLサーバを使ったとき、どちらの領域を使うか指定します。                  MGLサーバを使ったとき、どちらの領域を使うか指定します。
   
           AT_OPT_LOCK が指定されたときは、アプリケーションを FORGROUND に
           した上で FOCUS します。さらにスクリーン切替えの機能(F9,F10)を
           使えなくして、このアプリケーションにのみイベントが来るようにします。
   
         戻り値          戻り値
   
         SCREEN_WIDTH          SCREEN_WIDTH
Line 396  ASCII コード に モデファイヤー情報を付加
Line 400  ASCII コード に モデファイヤー情報を付加
         MGL_SKM_SHIFT          MGL_SKM_SHIFT
         MGL_SKM_CTRL          MGL_SKM_CTRL
         MGL_SKM_ALT          MGL_SKM_ALT
           MGL_SKM_MENU
 です。  です。
   
 また、モデファイヤーを取り除くには、  また、モデファイヤーを取り除くには、
Line 412  ASCII コード に モデファイヤー情報を付加
Line 417  ASCII コード に モデファイヤー情報を付加
       が得られます。MGL_SKM_NOTICE が立っている場合は、キーコードは        が得られます。MGL_SKM_NOTICE が立っている場合は、キーコードは
       意味を持ちません。        意味を持ちません。
   
   set_key_mode で、MGL_SK_EXMODIFIER を指定した場合
   
           MGL_SKM_RSHIFT
           MGL_SKM_RCTRL
           MGL_SKM_RALT
           MGL_SKM_RMENU
   
   も取得できるようになります。
   
   extern int mgl_mouse_shift
   
   3button マウスのエミュレーションのための API
   
           MENU + 1
           MENU + 2
           MENU + 3
   
   のオペレーションで、値が 0-2 に変化します。mouse_down/up のときに
   この値を参照して、button1-3 に対応させることが可能。
   
   ----
   
   
 ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 im) とのインターフェイス  ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 im) とのインターフェイス
 単純に get_key_im を呼ぶだけで、変換ウインドウが適当に出ますが  単純に get_key_im を呼ぶだけで、変換ウインドウが適当に出ますが
 場所を多少コントロールできるようになりました。  場所を多少コントロールできるようになりました。
   
   マウスイベントに関するモードを次のフラグで設定できます。
   
           MGL_SK_EXMOUSE_EVENT
   
   いままで、ボタンを押している状態でないと マウス移動イベントは得られません
   でしたが、このフラグがセットされた場合、ボタンを離していても
   マウス移動イベントが得られます。
   
   キーマップのための関数群。( 対応済は、netbsd+emcons のみ)
   
   void mgl_get_keymap(int code, char *sym1, char *sym2, char *sym3);
   
   mgl_get_keymap は、RAW_CODE(code) がどのように 変換されるかを返します。
   sym1 に 通常の 変換シンボル (文字列)
   sym2 に シフトされたときの 変換シンボル (文字列)
   sym3 に ALT が押されたときの 変換シンボル (文字列)
   
   が返ります。シンボルの実際のコードが何かを調べるためには、mgl_get_keysym()
   を使います。
   
   int mgl_get_keysym(char *name);
   
   シンボルのコードを返します。設定されていない場合 (-1) が返ります。
   
   int mgl_set_keysym(char *name, int code);
   
   一部のシンボルは、mgl_set_keysym を呼ばないと得ることができません。
   code には、任意のコード を指定できます。( virtual_key と同じように
   MK_VX を指定することを推奨 )
   
   現在この対象になる シンボルは、
     F13 - F24 KP_0 - KP_9 KP_plus KP_minus KP_mult KP_div
     KP_delete KP_insert KP_home KP_end KP_up KP_down KP_left KP_right
     KP_pageup KP_pagedown KP_begin KP_return KP_execute
     break pause print hanzen kanji nuhenkan numlock scrlock select
   (等)です。
   
 void im_avoid_point(int x,int y,int clean)  void im_avoid_point(int x,int y,int clean)
   
 im に対し、避けて欲しい矩形領域を通知します。  im に対し、避けて欲しい矩形領域を通知します。
Line 475  void mgl2_draw_string(struct screen *s,i
Line 539  void mgl2_draw_string(struct screen *s,i
 -------- MGL1 から削除  -------- MGL1 から削除
   
         draw_pixel_wc          draw_pixel_wc
                 get_pixel に変更されました。                  put_pixel に変更されました。
                 # define されているので使えないことはないです。                  # define されているので使えないことはないです。
   
         draw_font_clipping          draw_font_clipping

Legend:
Removed from v.1.6  
changed lines
  Added in v.1.13

CVSweb <webmaster@jp.NetBSD.org>