[BACK]Return to MGLAPI.doc CVS log [TXT][DIR] Up to [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2

Please note that diffs are not public domain; they are subject to the copyright notices on the relevant files.

Diff for /othersrc/mgl/mgl2/MGLAPI.doc between version 1.13 and 1.14

version 1.13, 2001/03/13 13:26:09 version 1.14, 2001/03/14 13:54:35
Line 16  int open_graph(void)
Line 16  int open_graph(void)
         SCREEN_HEIGHT=ysize          SCREEN_HEIGHT=ysize
   
                 希望する画面サイズの指定。                  希望する画面サイズの指定。
         mgl_apli_type = AT_MAIN or AT_MINIAPLI ( | AT_OPT_LOCK )  
   
                 MGLサーバを使ったとき、どちらの領域を使うか指定します。          mgl_apli_type = AT_MAIN or AT_MINIAPLI or AT_WHOLE or AT_LMAIN
                           ( | AT_OPT_LOCK )
   
         AT_OPT_LOCK が指定されたときは、アプリケーションを FORGROUND に          MGLサーバを使ったとき、どのようなウインドーを生成するかの指定です。
         した上で FOCUS します。さらにスクリーン切替えの機能(F9,F10)を  
         使えなくして、このアプリケーションにのみイベントが来るようにします。          AT_MAIN はメイン画面を使うことを指定。( デフォルト )
           AT_MINIAPLI は、ミニアプリ画面を使うことを指定。
                   ( ミニアプリ画面がなければ、メイン画面を使用)
   
           AT_WHOLE は、画面全体 (ただし タスクバーは見えるようにする)を
           使う指定。
   
           AT_LMAIN は、メイン画面が2つの場合、両方の領域を使う指定。
                   ( 1 つの場合は、メイン画面を使用)
   
           上記の指定に加えて、AT_OPT_LOCK オプションを付けることができます。
           これは、スクリーン切替えの機能(F9,F10)を使えなくするオプションです。
           ( 当然ですが、起動したら自動的に FOCUS されます。)
           AT_WHOLE が指定された場合もしくは、AT_OPT_LOCK のみが指定された
           場合、タスクバーも無視して全画面の大きさのスクリーンになります。
   
           その他の指定
   
           AT_SCRSVR : いまのところ (AT_WHOLE | AT_OPT_LOCK) と同じ意味です。
   
           AT_TASKBAR: (予約)指定できません。
                   タスクバーのアイコンを画面とするアプリケーションを生成する
                   とき使う予定。
           AT_PALM: (予約)指定できません。
                   縦長のアプリケーションを生成するときに使う予定。
                   ( LMAIN と同じように、メイン画面が2つの場合のみ有効で
                     240x320 の画面を生成する予定 )
   
         戻り値          戻り値
   

Legend:
Removed from v.1.13  
changed lines
  Added in v.1.14

CVSweb <webmaster@jp.NetBSD.org>