[BACK]Return to MGLAPI.doc CVS log [TXT][DIR] Up to [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2

Please note that diffs are not public domain; they are subject to the copyright notices on the relevant files.

Diff for /othersrc/mgl/mgl2/MGLAPI.doc between version 1.1 and 1.2

version 1.1, 2000/09/09 03:04:13 version 1.2, 2000/09/09 03:07:06
Line 241  void ts_put_string(struct textscreen *t,
Line 241  void ts_put_string(struct textscreen *t,
         ストリングを書きます。op には、0 か 1 が指定でき、          ストリングを書きます。op には、0 か 1 が指定でき、
         1 を指定した場合、上書きします。          1 を指定した場合、上書きします。
   
           注意) イタリックやボールドを設定した場合、上書きオプション
                 でないと文字列がきれいに出力されません。
   
 void ts_goto(struct textscreen *t, int x, int y)  void ts_goto(struct textscreen *t, int x, int y)
         x,y の位置にカーソルを移動します。          x,y の位置にカーソルを移動します。
   
Line 366  void vk_detach(struct virtual_key *vk,in
Line 369  void vk_detach(struct virtual_key *vk,in
         clean_mode が true の場合は、再帰的に free します。          clean_mode が true の場合は、再帰的に free します。
   
   
   
   ge_key_im で使われる 入力メソッド(以下 im) とのインターフェイス
   単純に get_key_im を呼ぶだけで、変換ウインドウが適当に出ますが
   場所を多少コントロールできるようになりました。
   
   void im_avoid_point(int x,int y,int clean)
   
   im に対し、避けて欲しい矩形領域を通知します。
   いままでの設定をリセットしたいときは、clean を 1 にします。
   
   次のプライオリティで場所を決定します。
   
   設定した領域の右に出せるとき  -> 近接して右
   設定した領域の下に出せるとき  -> 近接して下
   設定した領域の上に出せるとき  -> 近接して上
   
   この設定は im が無視する場合があります。
   
   例
           mgterm では、カーソルのある場所を通知しています。
   
   void im_impart_point(int x,int y,int clean)
   
   im に対し、常に使ってよい場所を通知します。
   いままでの設定をリセットしたいときは、clean を 1 にします。
   
   int im_view_point(int xs,int ys,int *xp,int *yp);
   
   im が使う API です。
   使いたい領域を xs,ys に設定して呼ぶと *xp,*yp に その領域の
   開始点(左上)を返します。
   
   戻り値
           0 強制的に場所を割り当てた。
           1 避けるべきところを避けた。
           2 割り当ててもらった領域内。
   
 -------- MGL1 から削除  -------- MGL1 から削除
         draw_pixel_wc          draw_pixel_wc
                 get_pixel に変更されました。                  get_pixel に変更されました。
Line 389  void vk_detach(struct virtual_key *vk,in
Line 429  void vk_detach(struct virtual_key *vk,in
   
 ---------- 追加/変更 予定のもの  ---------- 追加/変更 予定のもの
   
         1. クリッピング on/off          1. screen 指定 API 。
                 screen に対しクリッピングの指定ができます。  
                 指定した場合遅くなります。  
   
         2. screen 指定 API 。  
                 ほとんどの関数が screen 指定可能になります。                  ほとんどの関数が screen 指定可能になります。
                 引き数追加ではなく、別関数になるよてい。                  引き数追加ではなく、別関数になるよてい。
   
                 多分 mgl_ ではない PREFIX が付きます。                  多分 mgl_ ではない PREFIX が付きます。
                 mglws_ ?                  mglws_ ?
   
         3. virtual_key  多分 API が少し変わります。          2. virtual_key  多分 API が少し変わります。
   
   
   

Legend:
Removed from v.1.1  
changed lines
  Added in v.1.2

CVSweb <webmaster@jp.NetBSD.org>