[BACK]Return to HowtoUse.doc CVS log [TXT][DIR] Up to [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2

File: [jp.NetBSD.org] / othersrc / mgl / mgl2 / HowtoUse.doc (download)

Revision 1.12, Wed Mar 14 13:54:35 2001 UTC (17 years, 4 months ago) by suz
Branch: MAIN
CVS Tags: HEAD
Changes since 1.11: +6 -1 lines



o mglsvr
	アプリタイプ強化
		AT_WHOLE -- 画面全体を使う。
		AT_LMAIN -- メイン画面が2段のときに 1段のサイズの画面を使う。

	mgterm -w オプションで、AT_WHOLE 指定
	       -l オプションで、AT_LMAIN 指定

使い方 の説明

-------------------------------------------------------------
MGL サーバ


MGL サーバは標準で次の2タイプをサポートしています。

      X 版サーバ
      Console 版サーバ

サーバに接続するためには、環境変数 MGL_DISPLAY に 
basename `tty` を設定します。

例:
setenv MGL_DISPLAY ttyp2

注意) 
tty が /dev/pts/0 を返す場合 MGL_DISPLAY は "0" になります。


最初に接続した クライアントが終了するとサーバも自動的に
終了します。


操作

フォーカス切替え F10
	フォーカスを切替えます。
	
	メインアプリは、アイコンが枠で囲まれ、
	ミニアプリは、ミニアプリ領域全体が枠で囲まれます。

画面の切替え     F9

	フォーカスされているウインドウのアプリケーションをバックグラウンド
	にします。

画面ダンプ	 F8

	いまのところ、デバッグ用です。
	サーバを立ち上げたディレクトリで、"screen.mgr" と "screen.xpm" が
	生成されます。

マウスでの操作
	アイコンのクリック
		クリックすると、フォアグラウンドになります。
		既にフォアグラウンドの場合 フォーカスします。

	時計アイコンのクリック  時間/日付の切替えです。


次のような立ち上げ方ができるようになりました。

	mglsvrx -e コマンド名

MGL_DISPLAY を設定した上で system(3) で起動します。
mgterm も -e オプションをサポートしたので、

	mglsvrx -e "mgterm -e login"

などとすると、login: が出ます。


環境変数

	SCREEN_SAVER_PROGRAM=プログラムのパス名
	SCREEN_SAVER_DELAY=数字

	SCREEN_SAVER_DELAY(秒)の間 キー入力やマウス入力がなかった場合
	SCREEN_SAVER_PROGRAMを起動します。

-----------------------
mglsvrx ---- X window の上で動く MGL サーバ

各ユーザの権限で実行します。

通信用の リソースは、$HOME/.mgl/mgl.xx.${TTYNAME}です。

異常終了した場合、上記リソースが残る場合があります。
次の立ち上げの前に、消してください。


起動オプション

	-d	メイン画面を2画面にします。

	-t	タスクバーを使いません。

	-m	ミニアプリを使いません。


X 版のみ(?)のオプション

	-s 画面タイプ

	ppc      240x320 ミニアプリなし
	hpc      640x240 (デフォルト)
	vga	 640x480 
	320x240  320x240  タスクバーミニアプリなし
	など     上記以外のタイプは動作確認していません。

-------------------------------------------------------------
mglsvrcons ---- Console の上で動く MGL サーバ

console の上で動く MGL サーバです。

動作環境には OS によって2通りあります。

1) root 権限でないと実行できなもの svgalib 版

	通信用の リソースは、/var/run/mgl.xx.${TTYNAME} です。

2) 各ユーザの権限で実行できるもの --- たぶん hpcmips 版 および
				     PocketBSD/PocketLinux 版

	通信用の リソースは、$HOME/.mgl/mgl.xx.${TTYNAME}です。

一般ユーザに 画面リソースを開放できている OS は、2) できていないもの
は、1) になります。

異常終了した場合、上記リソースが残る場合があります。
次の立ち上げの前に、消してください。

GENERIC な立ち上げオプションは、
	-d -m -t のみ。

ちなみに svga 版では、
	-s 画面タイプ

	vga      640x480 4color (デフォルト)
	320x240  320x240 256color 
	ppc      320x240 256color (回転)

になります。

--------------------------------------------------------------------------

付属アプリケーション

mgterm 

 --- デフォルトの TERM を mgterm にしました。
     termcap/terminfo の設定方法を mgterm.doc に追加しました。

詳しくは、mgterm.doc を参照してください。
MGL1 の機能はすべてサポートしています。

-ここでは簡単な説明を

	-i 
		tty の引き継ぎ。バックグラウンドで動かすとき -i が必要な
		ようです。
	-m 
		ミニアプリ領域での起動。
		サーバ環境のとき、ミニアプリ領域で起動できます。
	-w 
		画面全体を使うオプション
		サーバ環境でも有効。

	-l	-w と同じです。
		サーバ環境では、2段のメイン画面のサーバの場合、
		上下を合わせた大きさの画面を使います。

	-f n 
		フォントサイズの指定
		24, 16 ,12 が標準で指定でき、オプションフォントを
		用意した場合、10(12x10 ぞろよしフォント) と 
		8 (8x8 恵梨沙フォント) が指定できます。

	-s n 
		IM に領域を割り当てる。
		n は、割り当てるサイズ(高さ)
		割り当てた領域を使わないと宣言することで、
		IM が常時使用できるようになります。


	-e コマンド
		シェル起動の変わりに system(3) でコマンドを実行します。

	-r 白黒を逆転させます。( ミニアプリは変わりません )


環境変数

	FGCOLOR			文字の色
	BGCOLOR			背景の色
	FGCOLOR0 - FGCOLOR7	色指定 ESC [ 3[0-7] m で指定する色
	BGCOLOR0 - BGCOLOR7	色指定 ESC [ 4[0-7] m で指定する色

        CURSOR_SHAPE		カーソル形状 
				   BLOCK(べた塗り四角)
				   UL(アンダーライン)
				   RECT(中抜き四角)
				のいずれかを指定。

指定する色のフォーマット

	#rrggbb (rr,gg,bb は 16進数 2 桁で red,green,blue に対応)

	または、次の 名前

	Black Silver Gray White Maroon Red Purple Fuchsia
	Green Lime Olive Yellow Navy Blue Teal Aqua

-r オプションとの関係

	-r をつけた場合、FGCOLOR と BGCOLOR, FGCOLOR[0-7] と BGCOLOR[0-7]
	 が入れ替わる。

フォント切替え機能

  -f オプションで複数のフォントを指定した場合、
  F8 で フォントサイズを動的に切替えられるようにした。

 -f オプションのフォーマット

   font_size1,font_size2, ... ,font_sizeN (スペースをいれないこと)

   font_size は、8,10,12,16,24 または、16x11 など

   例: -f 8,10,16x11,24

          最初に表示されるのは、10x8 のフォント F8 で次のフォントに切替え。

-------------------
mil
	画像 viewer です。詳しくは mil.doc を参照してください。
	MGL1 の機能はすべてサポートしています。
	png ファイルもミルことができるようになっています。

	ここでは、追加オプションだけ説明します。

	-m
		ミニアプリ領域での起動。
		サーバ環境のとき、ミニアプリ領域で起動できます。
		
追加になったオペレーション

	<	画像の縮小
	>	画像の拡大
	F7	イメージファイルダンプ (デバッグ用)
	F8	画面ダンプ(デバッグ用)
mini_mil

	ミニアプリ専用版です。

	/tmp/.mil_fifo にファイル名を送ると表示してくれます。
	lynx と組合せて使います。


mdate 

	ミニアプリ専用版。
	日付 と 時間が表示されます。
	サポートしている OS では、実メモリの残りと スワップ領域の残り
	サイズも表示されます。

mgnetmaj
	
	詳しくは、xui の README をお読みください。
	まだテスト中です。
	
-------------------------------------------------

demos のプログラム群

demos のプログラムは、ほとんどテスト用 か サンプルプログラムです。
すこしはまともと思えるものだけ紹介します。


showcol ---- 色を表示します。

iconedit --- アイコンエディタ(のようなもの)
		16x16 の mgr ファイルを生成します。

mgldialog --- ミニアプリ領域にメッセージを出せるように考えてみました。
		biff などに応用できるかも。

vkdemo	  --- ソフトキーボードのデザイン用。

paicol	  ---- mgnetmaj デザイン用。

tap	  ---- キャリブレーション用サンプル。


------

付録: カスタマイズの方法


環境変数に設定するかわりに MGLDIR/registry か $HOME/.mgl/registry
というファイルに設定することができる。

フォーマットは、

progname.変数=値
変数=値

progname は、プログラムの実行ファイル名 (__progname)
progname.変数=値 があるときは、従来のものをデフォルトとして優先させる。
値が空のときは、unset する指定とみなす。

環境変数では、progname_従来の変数 をサポート。(progname.従来の変数 
でも良いが、sh 系シェルでは 設定できない)

対応している環境変数

	MGLIM
	MGLGP

	MGL_MAXCOLOR (emx11)
	MGL_WHITE, MGL_LIGHTGRAY, MGL_DARKGRAY, MGL_BLACK (emx11)

	MGL_KEYMAP (obsoluted)

	FGCOLOR (mgterm)
	BGCOLOR (mgterm)
	FGCOLOR0 - FGCOLOR7 (mgterm)
	BGCOLOR0 - BGCOLOR7 (mgterm)
        CURSOR_SHAPE (mgterm)

	SCREEN_SAVER_DELAY (mglsvr)
	SCREEN_SAVER_PROGRAM (mglsvr)
	
例: (registry ファイルの例)

mglsvrx.MGLGP=gpnine.so

mglsvrx のときだけ、MGLGP を設定する。

MGLIM=imcanna.so
mgterm.MGLIM=

MGLIM は、mgterm のときだけ設定*しない*